本文へスキップ

"We love pre-war instrumentian."
戦前のヴィンテージギターを愛する、二人の製作家、Wes Lambe(ウェス・ラム)とBen Maschal(ベン・ミッシェル)。
Pre-War Guitarsは、ヴンテージギターの持つ、あたたかいサウンドとフィーリング、使い込まれたルックスを忠実に再現し、現代のミュージシャンのニーズに対応した高い演奏製のハンドメイドギターを追求します。

 

   


Pre-war Guitars:



Standard Features:

 
 
  • Dovetail neck joints.

  • Natural or Shade top finish.

  • Hide glue construction.

  • Ultra thin, aged Nitrocellulose lacquer.

  • Torrefied Adirondack Spruce tops and hand carved torrefied Spruce brace wood.
  • Two way truss rods for adjust-ability, and reliability of a modern guitar.

  • Hand Made in the USA

  • Left handed option.



INSTRUMENTS.

 

Model-HD

 

Model-D

 

Model-J

 OOO / OM
     


What is Torrefied Wood?


生まれたばかりの新品のギターが弾きこまれ、よくほぐれて、本当にそのトーンが自然に響き渡るまでには時間がかかります。
Pre-War Guitarはトリファイド加工を施した木材を使うことで、その成長した反応と枯れた音色を、今すぐに手に入れることができます。

What is Torrefied Wood?


Choose your distress level.


(フィニッシュとダメージ加工について)

フィニッシュは、サウンドに一番有利な、最小の厚みを目指して、極薄のニトロセルロースラッカーで仕上げられます。
エイジド加工のレベルは1234とあり、数が増えるほど、ダメージの段階がヘビーになっていきます。
このダメージ加工は、プリウォーギターの作り出す、枯れたヴィンテージサウンドにとって重要な要素です。
ベースとなるレベル1から、極薄のフィニッシュに、自然なウェザーッチェッキングが施されています。
細かなウェザーチェックを入れることで、塗装表面の張力を緩和して、より開放的で自然な反応、ウッディで枯れたサウンドを得ることができます。プリウォーギターを弾いていただくと、楽器が自由に呼吸することを感じられるでしょう。


   

Level One:
"New Old Stock"

プレーンな仕様で、細かなウェザーチェッキングが走った経年したような極薄の塗装は、長年ベットの下で眠っていたような、ヴィンテージのミント品の雰囲気です。

   

Level Two:
"Well loved,well playd"

生涯にわたって愛用され、大切に演奏されたヴィンテージギターにインスパイアされています。
ベースのレベル1と同じ、細かなウェザーチェッキングに加え、サウンドホール回りのストロークの跡、サウンドホール内側の磨耗、ピックガード周辺の引き傷など、長年の愛用によって、綺麗に弾き込まれたヴィンテージギターの雰囲気を演出しています。

   

Level Three:
"The Road Warrior"

さらにダメージを加え、トップの指板脇の激しいピックウェアーや、トップボトムの肘が当たるところの塗装の磨耗、当て傷なども増えています。
裏板のバックル傷など、サイドバックの使い込まれた雰囲気も加わり、プロギタリストが何十年とツアーを重ね、弾きこまれ、刻まれた傷の数々が歴史を感じさせるような、迫力のある雰囲気になっています。

 

Level Four:

        "..."


  authorized dealer

        Blue-G Corporation